ヨガ・yoga

ヨギーの食生活。ヨガに出会う前と後の食事の変化

この記事から得られる情報

ヨガインストラクターあっきーのヨガに出会う前と後の食事の変化について説明します。あるヨギーの食事の一例です。

この記事がおすすめな人 

●ヨガをしている人の食事に興味がある人

●ヨガに出会う前と後で食事の内容がどう変化したか知りたい人

●いろんな人の食事事情が知りたい人

あるヨギーの食生活。ヨガに出会う前とあとの食事の変化

愛知県岩倉市を中心に活動するヨガインストラクターのあっきーです(^^)/

いつもブログ読んでくださりありがとうございます。

ヨガクラスをしていると「ヨガの先生は、ベジタリアンですか?」とか「食事・食べ物って何か気を付けてますか?」とか聞かれることがあります。

そこであっきーが自分なりに試行錯誤している現在の食事についての考え方を書いてみたいと思います。

現在の食事を強調しているのは、いずれまた変化していると思っているからです。年齢や体調などによって変化していくのは、当たり前だと思ってます。

今の時代は、食事に関して様々な考え方がありますよね。

ベジタリアンやビーガン、マクロビ、グルテンフリー、糖質制限…パッと言葉だけ思い浮かべてもいろいろあります。こういった食事法に取り組んでいる人の目的もそれぞれです。

ダイエット、健康、アレルギー、体質改善、動物愛護、地球環境いろいろな理由があると思います。

こうした背景には、以前と比較すると昭和、平成、令和と時代が進むにつれて意識が高い人が増えていることがあると思います。

ヨガに来る生徒さんを見ていると、もともと健康や美に関する意識が高い人が多いと感じています。そういった人が、食事・食べ物に関心が高いのは当然ですよね。

あっきーの場合は、もともと意識が高かったわけではなく、ヨガを続けていく中で自然と自分自身や生活を改善していこうと考えたタイプの人です。

なので、ヨガに出会う前と今を比べると食事の内容や考え方、食べる回数が変化しています。あっきー以外にもヨガを続けることで食生活が変わったという人はけっこうな数がいます。

現在の食生活

現在の食生活は、おおまかにこんな感じです。すごくゆるい考え方ですが、参考になるところがあればうれしいです。

まず、食事の回数は1日2食です。朝昼兼用(11:00~11:30ごろ)と夜(19:00以降)の2食が基本です。意識してるのは、11時前には固形物は取らないようにしています。

食べる量に大きな制限はつけていませんが、空腹の時間をできるだけ確保するようにしています。そのため、間食はあまりしないようにしています。

朝は食べないので、水かお茶を飲む程度です。めったにないですが、どうしてもお腹がすいている時は、みそ汁や野菜ジュース、ヨーグルトを飲むことがあります。

野菜中心を意識しています。完全なベジタリアンではないですが、どちらかというとベジタリアンよりです。

積極的にとるようにしているのは、豆腐、納豆、果物、しょうが、甘酒です。

食べ物で、取りすぎないように気をつけているのは、砂糖、油、お肉、加工してない牛乳です。

お肉は食べるなら、鶏肉にしています。自分から牛肉・豚肉を食べることはありません。

外食をするときは、野菜料理、魚料理がないこともあるので、その際は、鶏肉料理にしています。
油に関しては、古い油を避けたいという意識があります。そのため、いかにも揚げ物というものは避けるようにしています。分かりやすく言うと、串カツと焼き鳥なら、焼き鳥を選びます。トンカツと焼き肉なら、トンカツは避けるようにしています。ちなみに社会人の付き合いで、焼き肉に行かざるを得ない時がありますが、そういう時は食べます。

砂糖については、特に白砂糖は取り過ぎないようにしたいと思っています。砂糖については、ついついアイスや甘いお菓子を食べてしまうことはありますが、本当は避けたいと思ってます。がしかし、ゼリーが好きなんですよね。夏のアイスとゼリーは…食べちゃうことが多々あります。

油や白砂糖に関しては、いろいろな考えがありますので、気になる方はgoogle先生に聞いてみてください。

辛い物もホントは避けたいと思ってますが、麻婆豆腐が好きなんですよね。たまに食べちゃいます。

少し取り入れてる考え方を紹介します。マクロビと少し似ている部分もあるような気もしますが、人間は自然の一部・地球の食物連鎖という事を意識してます。

例えば、あっきーは素手で牛を倒せるのか?豚は捕まえれるのか?きっと無理でしょう。鶏ならどうかな?捕まえれるな。

海の中なら、クジラを捕まえれるか?きっと難しそう。魚は種類によっては捕まえれそうだけど、種類によっては難しそうだな。川魚の方が捕まれるかな。愛知県の近くの海で採れる魚ならいいかな。養殖と天然なら、天然の方が自然だな。

旬の野菜はもちろんオッケー。地産地消できるだけ近くで採れる野菜が良いと思ってます。日本にないカラフルなフルーツは、文明の力がないと採るのは難しそうだな。遺伝子組み換え野菜とそうでないものなら、そうでないもの。
そんな感じです。

簡単に言えば、普通に生きてた場合にできるだけ自然な食べ物を食べたいと思ってます。

そもそも食事に興味を持ったきっかけ

この記事を読んでいる人は、食に関してもともと関心のある人が多いと思います。ダイエットや健康、拒食や過食など何かしら食べることに問題を抱えている人もいるかもしれません。

あっきーのきっかけは、ヨガを続けていく中で関心を持たざるを得なくなった感じです。身体はさまざまな症状を通じて、いろんな警告を発していたんだなと思います。

ヨガを続ける内に、自分の感覚や体調に関心を持つようになって、食べ物や食事の仕方によって不調や不快な症状が出ていることに気づきました。
今、振り返ると、もっと早くから関心を持てばよかったと思います。

次に生まれてから現在までにどのような食事の変化があったのかお伝えします。ちなみに今が一番身体は快適だと思っています。

①生まれてから~高校3年の途中まで。

生まれてから(物心ついて記憶がある時期から)高校3年生の途中までは、何も気にせず家で出されるものを中心に3食たべてます。

普通のお家と違う事と言えば、母親がヨギーでベジタリアンなので、基本的には野菜中心の食事でした。実は、油や白砂糖、お肉、牛乳、辛い物の話は、元をたどるとあっきーの母親からの影響です。

おそらく一般的な家庭よりは健康を意識した身体にやさしいメニューでした。印象に残っているものは、ひじき、黒豆、切り干し大根、白菜と豆腐のスープ、おでん、具だくさんのみそ汁といったメニューです。ちなみに一番好きなのは具だくさんのみそ汁です。

今、思うと理想な食事だと思います。

当時は、何も気にしていないので、朝食も食べてました。しっかり3食です。朝は、みそ汁とごはんが基本です。ただ、朝は食欲がないのに無理やり食べている感じでした。今、思うとあっきーの身体には、3食は食べ過ぎてたような気がします。当時はあまり気ににしていませんでしたが、お腹がゆるく下し気味だった記憶があります。

ちなみに母親は、当時から1日2食でした。結婚した当初は、「みんなと一緒に3食たべてたら、体調が悪くなって2食にした。」と言ってました。

②パニック障害を発症から大学時代まで

この時期は、あっきー史上最もひどい食事をしていました。
当時は、パニック障害に苦しんでいる時期で、空腹時に症状が出ると思い込んでいたこともあり、空腹を恐れていたところがありました。空腹時には、感覚的なものですが、頭や身体からスーっと力が抜けていくような症状がありました。実際の貧血などとは違いましたが、そんな感覚的な症状があったので、それを恐れて常にお腹いっぱいに食べてました。

さらに親元から離れて、1人暮らしを始めました。今までが野菜中心だったのが、その反動でお肉中心、ジャンクなお菓子をたくさん食べるようになりました。

記憶にあるのが、今まで食べてなかったものばかり食べるようになって、シュークリーム、唐揚げ、お肉のお惣菜ばっかり食べてました。

当時、自炊もしていましたが、学生で時間があるのをいいことに時間に関わらず食べてました。生活リズムがめちゃくちゃでした。食べる時間だけでなくて、寝る時間もめちゃくちゃでした。

ちなみにこの時期はお酒も飲んでました。

今、思えば当たり前ですが、人生で最も体調の悪い時期でした。胃腸の調子も悪くて、お腹はゆるくて、よく下していました。

人生の中で最もダメな時期でしたが、この時期の経験が今に繋がっていると思います。

③社会人になって、ヨガをはじめて5年目ぐらいまで。

社会人になって、ヨガに出会いました。ヨガを始めた当初は、特に食生活は意識していませんでしたが、ヨガにはまりはじめてから少しずついろいろなことを意識するようになっていきました。

ヨガのクラスで言われる「身体の声を聴きましょう。身体の感覚を確認しましょう。」という言葉のせいか、自分を観察するようになりました。

睡眠や食事に関心を持つようになったのもこの時期からです。

具体的には、どんな食べ物を食べるとどんなう〇ちの状態になるのか。食べ物と体調に関係があるのかということを意識するようになりました。この頃、気づいたのは、野菜中心だと身体が軽くて、お肉、油、砂糖など消化に負担がかかるものを食べていると身体が重いということでした。

この経験から、肉と砂糖、揚げ物は避ける感じで野菜中心になりました。そして、徐々にベジタリアンに近い食事に変化していきました。

一時期、完全にベジタリアンにしていた時期もあります。まったくお酒も飲まなくなりました。

この時期、ケンハラクマ先生の本食事に関する本を読んで、いろいろと自分なりに試していました。

この時も食事は、基本3食でした。体調に関しては、それなりに良かったですが、お腹はたまにゆるいときがありました。

④ヨガインストラクターになってから現在まで

ヨガインストラクターになる頃には、自然な状態を何よりも大切にするようになっていました。

不自然な状態とは、お腹がすいてないのに食べることや時間が来たから食べるといった行動です。

お腹がすいてないときに食べることを、とても不快に思うようになりました。

朝、起きてすぐはお腹が空いてません。それでも思い込み・勘違いから無理やり食べてました。朝食べないと元気がでないと思い込んでました。

しかし、止めました。朝は食べなくなりました。

朝を食べなくなった当初は、みそ汁や野菜ジュース、ヨーグルト、甘酒を飲むこともありましたが、今はほとんどありません。

今は、朝は排泄の時間と思ってます。

朝は、身体から不要な物を出す時間に変わりました。

よく考えれば当たり前ですが、夜、遅く食べたものを朝起きた時点で身体は消化していないわけです。そんな状況で食べると当たり前ですが、消化不良を起こしやすくなります。

そう考えるようになると自然と朝食べる選択は無くなりました。

もう一つ気づいたのが内臓を休めることの重要性です。

内臓を休めるのには食べないのが一番だと気づきました。

毎日動いてくれてます。年間365日×80~100年と考えたら、果てしない時間動き続けてくれてます。

自分の感覚ですが、内臓が疲れてくると身体は重くだるくなる気がしました。

食べ過ぎてお腹がゆるくなるのは、不要な物を排泄する自然なものだと気づきました。

今さらかと言われれば、それまでですが、本当に実感するようになりました。
1日2食に切り替えた時は、なんとなくエネルギー不足のように感じることもありましたが、すぐに慣れてきました。

空腹の時間を確保するようになって、身体の重さやだるさがないのがありがたいです。今は、今まで生きてきた中で、一番快適な状態です。

空腹の時間を確保する。空腹と健康の関係

①~④と読んでくださった方はお気づきかもしれませんが、今、一番大切にしているのは、空腹の時間をつくることです。
今までも繰り返し述べてますが、あっきーは、1日2食です。固形物の摂取は朝は11:00以降、夜は18:00以降にするのがマイルールです。

何を食べるかも大事だと思いますが、空腹の時間を確保するのはとても大切だと思ってます。

空腹は長生きにもいいようです。金沢医科大学のHPに長生きと空腹の関係を説明した記事があります。記事の中に出てくるサーチュイン遺伝子の話は、私の実感では、ホントだと思います。

現代人の多くは、食事回数が1日3回です。政府も1日3回、朝、昼、晩の規則正しい食事を推奨しています。子供時代から、それが正しいこととして教わってきています。大部分の人が、そう信じていると思います。

しかし、最近は、その流れも変わってきつつあるようです。

本やテレビでも空腹のメリットが紹介されるようになってきました。

朝食有害説―「一日二食」で健康に生きる

「空腹」が人を健康にする

テレビで有名な医師の南雲吉則先生は1日1食を推奨しています。

自分の身体の状態を観察することが一番大切ですが、空腹の時間を確保することを意識してみるのもいいかもしれませんね。

最後に

ここまでいろいろとあっきーの考えを書いてきましたが、結論を書きます。

結局は人それぞれです。あっきーと同じ人は地球に存在しません。

あっきーの考えと真逆で奨めるすが、1日5食を奨める本もあります。

番組名は忘れましたが、元気な高齢者は、お肉が大好物という内容のテレビを見た記憶があります。そのテレビでは、100歳近い人がお肉をしっかり食べてました。

もちろん野菜中心、まごはやさしいを大事にした食事をしている元気な高齢者もいます。

万人に合う食事法は存在しない。

これが食事に関する普遍の心理だと思います。

一時期的に○○健康法、○○ダイエットなどが流行ったとしてもそれは万能ではありません。合う人もいれば、合わない人もいる。ただ、それだけのことです。

人は、それぞれの体質があります。体質の違いも大きなポイントだと思います。

生まれつき内蔵が丈夫で太りやすい体質の人もいれば、その逆で胃腸が弱く太れない人がいます。

こうした違いがあるから、それぞれの人が自分の体質を見極めて、自分にとってのベストな食事法を見つけていきましょう。

より快適で心地いい人生を目指していきましょう(^^)

今回もお読みいただきありがとうございました。

あっきーのヨガやブログ(ライティング)に興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい!

クラス情報(2019年10月時点)

ミトラヨガスタジオ(愛知県春日井市)土曜日18:30~リフレッシュヨガ

湘南シャイズヨガスタジオ(名古屋市中区上前津)

日曜日8:00~リラックスヨガ(朝ヨガ)

日曜日16:00~ヴィンヤサビギナー(はじめてのアクロヨガ)

●岩倉市生涯学習センター 2019年度後期市民講座「心と身体を元気にするヨガ」

ABOUT ME
あっきー
ヨガインストラクターのあっきーです。ヨガが大好きな男性ヨガインストラクターです。ヨガの話題を中心にヨガの魅力や効果、心の扱い方、お金との向き合い方、旅や健康など興味のある情報もお伝えしたいと思っています。ヨガインストラクターとしての生活が中心ですが、金融機関社員(資産運用担当)、個人投資家、WEBライターという面もあります。よろしくお願いします。