ヨガ・yoga

オーストラリアでヨガインストラクター資格(RYT-200)取得した話

この記事から得られる情報

実際に海外でヨガ資格(RYT-200)を取得した時の話です。オーストラリアのバイロンベイの街の雰囲気や実際のヨガセンターでの生活についてお伝えします。また、実際に取得した資格を日本で活かせるのかヨガインストラクターの視点でお答えします。

この記事がおすすめな人

●これからバイロンヨガセンターに行く人

●海外でヨガインストラクター資格を取得したいと思っている人

●ヨガを学ぶ海外留学を考えている人

●ワーキングホリディ(ワーホリ)でどこに行こうか迷っている人

オーストラリアのバイロンベイに興味がある人

RYT-200の海外取得について

愛知県岩倉市を中心に活動するヨガインストラクターのあっきーです。

前回の記事で、海外でヨガする楽しさをお伝えしましたが、あっきーはRYT-200というヨガインストラクター資格を海外で取得しました。今回は、オーストラリアのバイロンベイヨガセンターでRYT-200を取得した話です。

ちなみにRYT-200(全米ヨガアライアンス協会認定資格)は、ヨガインストラクター資格で最も有名なものになります。ヨガにはまって、ヨガを仕事にしたいと考えている人は、ヨガインストラクター資格の取得を考えていると思います。その際にRYT-200は一つの選択肢になると思います。RYT-200の詳細が気になる方はGoogleで検索してみてください。

本題に戻りますが、RYT-200の取得を検討している方で、海外旅行が好きな人や長期の休みを取るのが難しい社会人は、海外での資格取得もありだと思います。ただし…実際にヨガインストラクターとして活動したい方は、海外で取得することのメリット、デメリットを踏まえてご検討ください。そういったところをあっきーなりにお伝えします。

オーストラリアのバイロンベイヨガセンターの短期プログラムでヨガ資格を取得

2016年の10月にオーストラリアのバイロンヨガセンターのRYT-200のTTC(ティーチャートレーニングコース)に参加しました。日本人向けの通訳付きのコースで、ヨガ資格の短期取得を目指すコースです。実は、この時の元々の目的は、資格取得ではありませんでした。日本でLaxmi yogaのTTCを修了済みで既にレギュラークラスを教えていました。

ヨガのクラスの幅を広げたいという思いも当然ありましたが、それよりも年1回とれる長期休暇(9日間)を海外に行くことにしていました。海外旅行の楽しみがヨガスタジオ巡りになりつつあったので、それならヨガセンターに滞在してRYT-200 も同時にとっちゃおうと考えたのです。オーストラリアという国にも興味はありましたが、率直に言うと、その流れで「海外 ヨガ 資格」とネットで調べたら、最短(14日間)で資格が取れるプログラムがありました。それが、バイロンベイヨガセンターでした。しかも、英語不要、日本語プログラム対応とのことでした。それで「よし、これにしょ!」と決めたのが、そもそもこのコースに参加した理由です。じゃあ、結果としてよかったのか?

→「あっきーにはよかったです。

海外のヨガ資格取得プログラムを申し込む前にあっきーが知りたかったこと

海外でヨガ資格を取得するとなると、事前にいろいろと知りたくなります。だいたいのことはしっかりとHPに載っています。14日間の日程や1日のスケジュールや費用、プログラムの内容については、バイロンヨガセンターのHPにお任せします。

ヨガ資格の取得を第一優先に考えている方が、申し込み前に知りたいと思われる情報をお伝えします。あくまで実際に参加したあっきーの意見ですので、その辺りはご了承ください。

  1. 英語はどれくらい必要なのか?→英語は不要です。通訳がつくので、ただし、訳でニュアンスが変わってます。ちなみに街歩きや外国人スタッフや現地の人とのコミュニケーションを楽しむためにはできた方が良いです。
  2. 参加者の英語のレベルはどれくらいなのか?→全くできない人もいますが、結構できる人が多いです。
  3. 実際の内容はどのくらいのレベルなのか?→基礎的な内容です。ある程度のヨガ実践者なら、知識としては知ってる内容です。ティーチングも基礎を練習します。
  4. ヨガ経験はどれくらい必要なのか?→初心者でも大丈夫ですが、ヨガ好きじゃやないとつらいです。
  5. 参加者のレベルはどれくらいなのか?→教えてる人もいれば、ヨガ初心者もいます。ヨガも好きだけど、何が何でもヨガっていうよりはワーホリ中の一つの経験って考えの人もいました。
  6. ヨガセンターではどんな生活をするのか?→自然のリズムに沿った生活です。すごく快適で心地いいです。日本の生活と比較したら、ストレスフリーでダメ人間になりそうな感じです。
  7. 現地の食事や生活は快適なのか?→ベジタリアンメニューです。野菜が苦手な人にはつらいです。野菜好き、健康志向の人には最高です。トイレやシャワーなどの水回りもきれいです。部屋も虫が出ることもありますが、基本的には清潔で快適です。
  8. 現地でのお金はどれくらいかかるのか?→ほとんど使いません。欲しいものがある人は多めに持っていくといいと思いますが、そうじゃない場合は、あまり使う場面がありません。ヨガセンター内で一日がほぼ完結します。物価は、日本より少し高いかなという感じです。
  9. 海外の短期プログラムでヨガ資格をすると困ることはないか?→ないと言えばないし、あると言えばあります。
  10. 海外の短期プログラムで学んだ内容は、実践的にクラスで活かせるの?→実践に活かせるが、最初は、どのプログラムを出てもそれだけでは厳しいと思います。自分なりに努力して一歩を踏み出すしかありません。

⑨、⑩については、海外ならではのポイント、短期プログラムならではの理由があるので、最後で説明します。

バイロンベイの街の雰囲気…海がきれいなヨギーとサーファーの街

バイロンヨガセンターのあるバイロンベイは、オーストラリアの右側でゴールドコーストから下に降りた所にあります。行き方は…送迎だったのでわかりません(^_^;) 電車はないのでバスか車になります。

街のイメージは、サーファー、ヨギー、ヒッピー…そんな感じです。海岸沿いの町なので、町全体にゆるやかな海の街の雰囲気が流れています。カフェも多く全体的にのんびりしています。サーファーにとっての聖地で、お土産屋さんもたくさんあって、観光地としての面もあります。お土産屋さんは、サーファーやヨギーに受けそうなものが多いなと思った記憶があります。ヨギーにとってもオーガニックのスーパーマーケットもあって暮らしやすそうな街です。

ヨガスタジオも町の中にいくつもあります。ヨガスタジオを回るのも楽しそうです。バイロンヨガセンターは、プログラム中に滞在する場所とは別に町中にもスタジオがあって、そこにも滞在中に遊びに行きました。

日本人も多く見かけます。ワーキングホリディで滞在している人がすごく多いです。ちなみにですが、今回のTTCの参加メンバーの3分の1ぐらいは、ワーホリ中か、過去にワーホリを経験していた人でした。治安についても特に問題ありません。アジアでたまにあるヒリヒリした感じもなく治安も良さそうです。印象に残っているのは、オーストラリアっぽい海と自然がきれいなとこです。

バイロンベイの街の写真を載せておきますね。雰囲気が伝わるとうれしいです。街歩きした時の写真です。

町中のバイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターでの実際の生活…ヨガざんまいの快適生活

まず、間違いなく言えるのはヨガ好きじゃないとつらいと思います。バイロンヨガセンターのTTCのページでスケジュールを確認して頂くと分かりますが、朝ヨガから、はじまって、座学で解剖学や哲学をやって、ずっとヨガにかかわっています。

あっきーのようなヨガ好きにとっては、楽しい時間ですが、ヨガをちょこっとしたことある程度だと、もしかすると嫌になるかもしれません。座学と体を使った講義の繰り返しになるので、特にご飯を食べた後や午後は眠気の戦いになります。

講義中は、通訳してくれるスタッフがいるので言葉で困ることは、まったくありません。その他のスタッフも親切なので、もし困っていることがあれば、きっと助けてくれます。スタッフもみんなヨギーなので、ヨガを学ぶ人なら、言葉が分からなくてもなんとなく分かり合えます。ただ、素敵な先生やスタッフがたくさんいるので、興味をもったことを深く話したいなと思ったときに話せる英語力があるとよりいろいろと広がると思います。

初日は少しゆっくりですが、2日目以降はずっとヨガに触れているので、体調管理も大切です。はじめての場所で、知らない人に囲まれて過ごすので、身体は思っているよりも疲れていると思います。途中で、体調を崩す人がいました。あっきーは、たまたま大丈夫でしたが、もし体調崩したらもったいないので、できるだけ早く寝るなどして風邪等ひかないように気を付けましょう。

ごはんはおいしいです。ただ、料理によっては、ちょっと癖があります。知識不足で申し訳ないのですが、マクロビやアーユルベーダのような考えに基づくものと思われます。完全べジの優しい食事が3食あります。野菜中心なんですが、バイキング形式の食べ放題なので、常にお腹いっぱいという感じになりがちです。食べ過ぎて、お腹を壊さないように注意しましょう。あまりないとは思いますが、もしも途中でお腹がすいたら、フルーツが自由に食べれます。紅茶などの飲み物も自由に飲めます。

平日は、スケジュールが終わると、夜の8時か9時近い時間になっているので、あとは寝る感じになります。課題があるときは復習をしている人もいました。トイレはおがくずを使用した環境にやしいトイレです。シャワーは特に印象に残ってないですが、お湯もしっかりと出たと思います。いつでも空き時間に使えます。

ここまで読んでいただいた方はわかると思いますが、平日は街歩きや街に遊びに行く時間がほとんどありません。途中で休日があるので、そこで街歩きにでれます。

休日には、参加希望の人で、近くの観光地にも連れて行ってくれます。

だいたいこんな感じです。プログラムの中で、一番印象に残っているのはあっきーの場合は、キルタンです。講座の終盤にみんなで歌ったキルタンが最高でした。講座の終盤なので、仲間とも打ち解けてきているし、プログラムの中で悩みを共有したりしている状況もあって、仲間や場との一体感がなんとも言えない心地よさとなって、頑張ってきた自分を癒してくれました。

あと、これは、おまけですが、メンズは、どうしても少数になるので、女性とのコミュ力によっても居心地の良さは変わると思います笑(これ本音です(^^)/)

短期間で取得した資格(RYT‐200)は実際に活かせるのか?

ここで一番大事な本題(⑨、⑩)です。海外の短期プログラムで取得した資格でヨガを教えれるようになるのかという点ですが…

実際にヨガインストラクターを目指している方にとっては一番知りたいであろう質問だと思います。

⑨⑩の質問の以下が答えです。

ここからは、完全に個人的な感想です。誰にでも当てはまるとは言いませんが、ヨガインストラクターとして実際にクラスをしている経験も踏まえてお答えします。

大きく挙げると2つのポイントがあります。

①短期プログラムだから

RYT-200の資格は、名前の通り200時間以上ヨガを学ぶことで取得できるヨガ資格になります。内容については一定の基準があるので、ヨガインストラクターとしての最低現必要な知識やスキルについて教えてもらえます。ちなみに内容については、Laxmi yoga TTC(東海地方・愛知県を中心に知名度のあるヨガインストラクター資格。RYT-200とは別物)で教えていただいた内容はほぼ網羅していたと思います。比較すると、アジャストメントや解剖学については、バイロンヨガセンターの方が詳しい感じもしますが、全体についていえば、両方ともヨガインストラクターとしての基礎は網羅しているという感じです。

しかし、バイロンヨガセンターのプログラムでは、短期2週間の性質上3つに大きく分かれています。パートA(30時間)オンライン中心の事前の取り組み、パートB(120時間)バイロンヨガセンターの学び、パートC(80時間)帰国後の取り組みがあります。

問題はパートCの部分です。帰国後もティーチングや知識の学習のメニューが残ってきます。日本に帰って身近に仲間がいないとティーチングをこなしにくいと思います。一定期間にプログラムを完結させる必要がありますが、あっきー自身も正直に言うと、自分のクラスを持っていたから良かったですが、もしも自分のクラスがなければかなり80時間をこなすのは厳しかったかもしれません。日常に戻ると、ヨガ中心の生活ではなくなるうえにヨガ仲間がいなければティーチングする場もありません。そうこうしているうちに時間切れになってしまい人もでそうです。それでは、RYT-200の資格取得すらできない状態になってしまいます。80時間を短期でこなせればいいですが、終わって資格を取得できた時には、半年とは言わないまでもバイロンヨガセンターに滞在していた時期からはかなり時間がたっています。実際にクラスをもって教えるには当然、さらに先になります。その時点で、教える強い意志が持てるのか、勇気をもってオーデイションに臨めるか…。

もちろん強い意志をもって、身近な人に協力してもらいながらプログラムをこなすのであれば問題ありません。ヨガインストラクターとして、絶対にやっていくと強い思いがある人は問題ありませんが、そうじゃない人は、少々心配かもしれません。

海外だから

先ほどの内容に関連しますが、海外で行っているということは、参加者の出身地域はバラバラです。自分もそうでしたが、同じ地域の人はほとんどいないと思ってください。東京近辺の人は比較的いると思います。つまり日本に戻ってきた後にオーストラリアで共に過ごした仲間との繋がりが維持しにくいのがが一番残念なところかもしれません。

さっきのティーチングの練習もそうですが、日本に戻った後は、一人で練習をこなしていかないといけません。モチベーションを維持することも大変ですが、仲間がいないことで、こなしにくい課題も出てきます。そして、資格取得後に実際に教えるためには教える場が必要です。教える場にたどり着くには、資格を取得したスタジオの後押しや人づてに仕事をもらうケースがよくあります。海外で資格を取得しているので、そういったことが望めない点は不利かもしれません。

最後に…迷ったら、とりあえず行ってみるのもありかも!?

海外で資格を取得して、実際に教えれるようになるか?ヨガを仕事にできるか?

それは結局のところ、本人の意思です。

おそらく強い意志をもって講座に臨んでも、実際に講座終了時には、これでホントに教えれるのかな?と不安な気持ちになるはずです。さらにオーデイション等を受ける場面になれば、さらに不安も出るでしょう。人間ははじめてのことは不安です。

それを乗り越えていくことがヨガの道、人間的な成長だと思います。そういう気持ちがあれば、海外だろうと国内だろうとどんな講座を出ても大丈夫です。

もしどうしようか迷ったらとりあえず行ってみるのをおすすめします。

ヨガに限らず、人との出会い、目にした景色、感じた空気、どんな経験も無駄にはなりません。そういう気持ちが大切だと思います。

ちなみにですが、「ヨガは好きだけど、教える気ないよ」「せっかくワーホリに来たから、ヨガの資格でも取ろうかな」「留学したいけど、やりたいことがないからヨガしようかな」こんな理由も個人的にはありだと思ってます。

それぐらいバイロンヨガセンターは良い場所です。単純にヨガを楽しみつつ旅するそんな感じもありだと思います。

これは、バイロンヨガセンターで聞いた話ですが、よりランクの高い資格になれば通年で通いの資格もあるそうです。それであれば、学生ビザの取得が可能なようです。ぜひ、オーストラリアに住んでみたいという人は、そんな選択もありかもしれません。

現在、RYT-200を海外での短期取得を計画している方のご参考になれば幸いです。ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)

あっきーのヨガやブログ(ライティング)に興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。