ヨガ・yoga

バンコク・バリ・香港!海外でヨガしたい人におすすめのヨガスタジオ

この記事を読むことで得られる情報

ヨガ大好きヨガインストラクターのあっきーが、実際に現地(バンコク・バリ・香港)で行ったヨガスタジオをご紹介します。日本人の感覚でおすすめできるヨガスタジオです。海外旅行や現地滞在中にヨガしたくなったら参考にして下さい。

この記事がおすすめな人

●ヨガが大好きで海外旅行が大好きな人

●これからバンコク・バリ・香港へ海外旅行に行く計画がある人

●バンコク・バリ・香港に滞在中にヨガしたい人

海外のヨガスタジオの魅力

愛知県岩倉市を中心に活動するヨガインストラクターのあっきーです。

あっきーは、大のヨガ好きですが、実は海外旅行も大好きです。しかし、度胸満点、英語べらべら、旅上手とは真逆です。英語は全く話せないし、旅上手とはほど遠くて、おっかなびっくり旅してます。特に一人旅の時はなおさらです。旅行中は、ちょっとしたトラブルもあったりするんですが、それでも最終的には楽しさが上回ります。知らない景色、知らない空気、知らない人々に冒険心がかきたてられます。

そんな中で、旅行中の一番の楽しみが現地のヨガスタジオに行くことです。ちょっと時間があれば、1度は現地のヨガスタジオに行くようにしています。海外のヨガスタジオこそヨガ本来の楽しさを満喫できるスポットです。

あっきーが感じる海外のヨガスタジオの魅力

  1. 現地のヨガインストラクターに出会える。
  2. 言葉が通じない。
  3. 開放感あふれたヨガスタジオがある。
  4. 多種多様な人種がいる。

①海外のヨガスタジオなので、当然クラスを担当するヨガインストラクターは現地の人です。海外のインストラクターの魅力は…とにかく動きが斬新なことです。ポーズ自体もそうですが、特に感じるのがポーズのつなぎです。日本人に馴染みのない動き方をしてくれます。ある程度、ヨガのポーズや動きに慣れているつもりですが、それでも「そんなつなぎ方するの!!」って感動するときがあります。それとクラスの幅が日本よりも大きいと感じています。特に暑い国、東南アジア系の国々では、日本では考えられないぐらいアクティブに動くクラスがあったりします。独特の気候の効果もあって、すさまじく汗をかくクラスに出会うことがあります。こういうクラスの幅の広さが楽しいです。

②当然、言葉は通じません。現地語かだいたい英語です。言葉が分からないと普段よりも感覚が研ぎ済まされてくるように思います。言葉が分からないからこそ、自分というものにより深く集中できます。もちろん周りの動きと合わせることは難しいのですが、「海外だから分からなくて当たり前」という感じで、まったくそういった事が気になりません。自分の呼吸、自分のペースで集中していくと、結果として、周りとも自然と一体化していきます。

③海外のスタジオって、開放感があるところが多いです。自然の中に自然を活かしてスタジオを作っているとこが多いです。都市部の町中にあるヨガスタジオも外が完全に見えるガラス張りだったり、広く感じるスタジオが多いです。旅行中って、どんなに楽しくても何日か旅をしていると、なんとなく疲れがたまってきますよね。そんなときに開放的なスタジオでヨガすると、すっきり感が半端ないです。

④これが一番好きなポイントです。多種多様な人種がいる中で、(言葉が分かるにしろ分からないにしろ)同じガイドで、まったく違う人たちが呼吸に集中してます。ふと周りを見た時に人間って同じだなと実感します。国籍や肌の色、身体の大きさや性別、年齢…様々な要素が違ってもみんな根本的には同じ人間なんだって感じるとなんだかうれしくなります。黄色人種、白人、黒人、アジア、ヨーロッパ、 アメリカ…多種多様な人種が、ヨガを通じて一つのポーズをしていることに人類共通の普遍的な何かを感じます。

実際に行った海外のヨガスタジオの紹介

ここまで海外のヨガスタジオの魅力を伝えてきましたが、実際に海外でヨガスタジオに行くのってハードルが高いですよね。もしあっきーと同じように「英語が話せない」「一人旅に慣れてない」「こわごわ街歩きしてる」そんな人にとって、海外で、しかも誰も行ったことのないヨガスタジオに行くのは、不安がありますよね。

でも、海外でこそヨガしてほしい!!

海外のヨガスタジオの魅力を肌で実感してほしいです。

ちなみにヨガ好きあっきーも海外でヨガスタジオに行く時は「値段は高すぎないかな?」「スタジオきれいかな?」「先生はどうかな?」「言葉が分からないけど、クラスは受けれるかな?」「内容はきつくないかな?」「そもそもたどり着けるかな」と常に不安を持っています。それでも実際に行くとやっぱり楽しいので、海外旅行が不慣れで不安な方も安心してください。少しでもこの記事が役立てばうれしいです。

今回は、第1回目でタイのバンコクインドネシアのバリ(ウブド)香港のヨガスタジオのご紹介です。

ちなみ写真は現地で当時、使っていた携帯であっきーが撮ったものです。なので、少々画像が見にくいのはご了承ください。雰囲気が伝わればオッケーという事で(^^)

Yoga Elements@バンコク

タイの首都バンコクにあるスタジオです。場所はBTS スクンビット線のナナ駅の近くです。駅から徒歩5分程度です。10分はかからないと思うので、10分以上歩いて、たどり着かないときはおそらく反対方向を歩いてます。あっきーも何回も逆方向に歩きました(;^ω^) 駅を降りたすぐの道沿いに歩いていくと入口付近に看板があります。看板があるビルをエレベーターで昇ったとこにあります。

スタジオの雰囲気はガラス張りで開放感があります。シャワールームもあって、都会のスタジオといった感じですが、スタジオの作りは床が木で落ち着いた雰囲気です。受付の人も親切で好きな雰囲気のスタジオでした。英語は話せなくても単語でなんとかなります。

滞在中は、朝ヨガのクラスに参加してました。朝ヨガは8時からだったような記憶があります。クラスはリラックス系もあるようですが、たまたま参加していたのがアドバンスのクラスでめちゃくちゃハードでした。正直、朝からクタクタになる…かなりきつかったです。日本ではめったに味わえないきつさでした。朝から、ビックリするぐらいハードでタイ人スゲーと感動しました!! しかし、クラス中に冷静になって周りを見ると、適度にそれぞれ休憩しながらみなさんマイペースにやってました。クラスの中で、印象に残るぐらいめちゃくちゃ動ける人がいて衝撃を受けましたが…クラス終わりに話を聞くと、そこのスタジオに所属しているヨガインストラクターさんでした。それで、なるほど!と納得しました。

あったかい雰囲気と都会的なきれいさを併せ持つスタジオです。クラスによって難易度は、だいぶ差がありますので注意が必要ですが、先生のレベルも高くおすすめできるヨガスタジオです。

料金 1回 600バーツ(2000円程度)

他にも様々なチケットがあります。1週間以内3回のチケットがおすすめです。

HP https://www.yogaelements.com/

YOGA ALOHA@香港

YOGA ALOHAの最寄り駅は、香港鉄路(港鉄MTR)港島線の銅鑼湾駅と湾仔駅のどちらかになります。2つの駅のちょうど中間ぐらいの場所にあるヨガスタジオです。行き方は、どちらの駅から真横に5~10分程度歩くと着きます。それほど遠くはないですが、入り口が非常に分かりにくいです。はじめて行ったときはGoogleマップで向かいました。現地を示す場所についても入り口を見つけれずに、その辺りを行ったり来たりして、やっと看板を見つけました。入り口は、いかにも中華街のような雑居ビルが並ぶ場所にあります。雑居ビルの階段を上っていくとあります。看板はありますが、申し訳程度なので見逃し注意です。

スタジオの雰囲気は、THE都会の隠れ家ヨガスタジオという感じです。言い方は悪いですが、入り口は小汚い雑居ビル感満載です。スタジオ内は、うってかわっておしゃれでキレイな白を基調としたつくりになっています。清潔感のあるシンプルなつくりです。日本の女性が好みそうな雰囲気です。都会の喧騒の中で、1日仕事を頑張ったあとに癒されに来るようなスタジオです。ちなみにスタジオ内のスペースは、そんなに広くはありません。ぎちぎちではいって15人程度の広さです。

香港滞在中は、夜のクラスに通っていました。時間帯もあると思いますが、クラスはリラックス系でした。個人的な印象ですが、スタジオのコンセプトもリラックス系だと思います。日本のヨガスタジオとクラスの強度は同じぐらいでした。参加者のレベルは、まちまちでした。よく動ける人もそうじゃない人もどちらもいました。国籍は分かりませんが、街中の印象よりは、白人系の方が多かった気がします。男性もそれなりにいて、男女比は、4:6、7:3と言ったところです。全体に感じたのは、経済都市香港の富裕層がひっそり通うヨガスタジオと行った感じです。クラス内容は、特段印象には残っていませんが、喧騒・雑多な印象の香港において、スタジオ内には静寂がありました。

海外らしい出来事としては、受付兼インストラクターの方がクラス開始3分前に来ました。日本の感覚だと30分前にはさスタジオは空いてますが、そうじゃないみたいです。20分ほど前についてもカギはかかったままで入れませんでした。携帯を片手にオープンまで暇つぶししてました。他の生徒さんも当たり前のように入り口前で待ってたので、それが普通なのかもしれません。

香港の喧騒に疲れたら、一度行ってみてください。

料金は初回体験100香港ドル(1400円)ほどです。2回目以降が、ドロップインだと高くなるのが残念なとこです。

HP https://www.yoga-aloha.com/

The Yoga Barn@バリ島のウブド

最後にインドネシアのバリ島のウブドにあるヨガバーンです。海外のおすすめのヨガスタジオはどこって聞かれたら必ずお伝えするヨガスタジオです。日本でもヨガ好きの間では、有名なヨガスタジオですよね。

ちなみにこの記事を書こうと思ったきっかけもこのスタジオがきっかけです。

実は、この記事の冒頭で海外のヨガスタオの魅力で上げた4項目は、このスタジオをイメージして書きました。なので、4つの魅力すべてヨガバーンには入ってると思ってください(^^)/

ここのヨガスタジオの魅力は、何よりも開放感と自然との一体感です。バリ島の中でもウブドは観光地として有名な地域です。日本人も観光でたくさん行く地域です。ヨガバーンは、そんな観光地の一角にあります。小さな路地を抜けると突然現れるそんな印象です。スタジオは、自然に囲まれており、施設自体も木をベースに作られています。休憩スペース、飲食スペース、スタジオと常に自然との一体感が感じられます。スタジオは屋外にあって、常に南国の風や香りを感じることができます。このスタジオでヨガを受けて最後の休息のポーズ(シャバアサナ)から、目が覚めるときに「本当のヨガってこういう事だよな~。」と思いました。自然との一体感。言葉が分からない中でも、呼吸と自分に集中して、周りと一体化する感覚。人種や性別、年齢、体格が全く違う人が同じ時間を過ごし、同じことをして、一つのことに向き合い集中していく姿に人類の普遍性を感じました。少々大げさな表現もしてますが、それほど素晴らしい空間でした。

小話として実は、バリ島に行く前にジャワ島に行っていました。ボロブドゥール遺跡を見たくてジャワ島に行ったんですが、原因は不明ですが着いてすぐに体調を崩しました。その中で、日本人も多いバリ島に行けば日本語の分かる病院もきっとあるだろうし、治るような気がしてやっとの思いでバリ島に行きました。そこで、熱も下がり、お腹の調子も改善し始めて、元気になりかけてるタイミングで行ったのがヨガバーンでした。その状況で受けたヨガだったので、そのこともあってか感動が大きかったのかもしれません。

最後に、大事な行き方ですが、実はわかりません…。体調が回復していなかったこともあって楽な移動方法を選択してしまいました。現地のツアーガイドさんにウブドまで連れて行ってもらっちゃいました(^_^;)

料金は1レッスン130,000ルピア(1100円ほど)です。

今回はここまでです。読んでくださりありがとうございました。

あっきーのヨガやブログ(ライティング)に興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

HP https://www.theyogabarn.com/

ABOUT ME
あっきー
ヨガインストラクターのあっきーです。ヨガが大好きな男性ヨガインストラクターです。ヨガの話題を中心にヨガの魅力や効果、心の扱い方、お金との向き合い方、旅や健康など興味のある情報もお伝えしたいと思っています。ヨガインストラクターとしての生活が中心ですが、金融機関社員(資産運用担当)、個人投資家、WEBライターという面もあります。よろしくお願いします。