その他

ゆるーい旅行記。愛知県から世界遺産 姫路城と比叡山をめぐる旅

この記事から得られる情報

ヨガインストラクターあっきーのゆるーい旅行記です。姫路城と比叡山延暦寺に行ったときの旅の様子や感じたことをお伝えします。

この記事がおすすめな人 

●旅好きの人。これからどこかに旅しようと思ってる人

●姫路城に行きたい人・行ったことある人

比叡山延暦寺人に行きたい人・行ったことある人

姫路城と比叡山延暦寺に行ったゆるーい国内旅行記

愛知県岩倉市を中心に活動するヨガインストラクターのあっきーです(^^)/

先日、「永平寺について記事」を書きましたが、今回は姫路城と比叡山延暦寺についてのゆるーい旅行記です。

今回もあっきーのゆるーい趣味の内容になりますので、気楽にお読みください。

最近、あまり時間がとれてないですが、連休ができるとよく旅に行きます。

誰かと行くこともありますが、一人旅も多いです。余談ですが、一人旅の時は、1回はゲストハウスに泊まるようにしてます。

旅の目的は、神社仏閣などのパワースポットめぐりか歴史スポットが多いです。

もちろんそれ以外の有名な観光地やヨガスタジオを巡ることもあります。

この時の旅のメインは、もちろん世界遺産の姫路城と比叡山延暦寺です。

日程は、木曜日に出て、金曜日に戻る平日1泊2日の旅でした。

予定の都合上1泊2日になりましたが、移動距離などを考慮すると2泊3日がおすすめです。

旅の移動手段は、車(軽自動車)でした。ちなみに新幹線なら1泊2日でいい気がします。

愛知県から出発して、初日にいきなり兵庫県の姫路市まで行きました。最終的に愛知に戻るので、初日から頑張って移動しました。

名神、新名神を中心にgoogle先生の指示に従いながら移動しました。

道は平日ということもあり、比較的混雑もなく快適に移動できました。

途中で休憩をはさみながらの移動でしたが、だいたい3時間30分から4時間ほどで着いた気がします。

ETCの値段は、愛知から姫路まで平日・軽という条件で、7000円前後でした。途中の大阪辺りで道を間違えてしまったので、正解なETCの値段ではありません。

ついでにガソリンの減り具合は、往復で満タンにいれたガソリンが空になって、1回給油して、さらに半分ちょっと減る感じでした。

お昼ごろに姫路市に着いて、午後から姫路城観光をしました。姫路から少し離れて宿をとって、2日目に滋賀県大津市まで移動です。朝、ゆっくり出たのもあってか比叡山観光を終えたら、夕方になってました。

このあと、サービスエリアなどにのんびり寄りながら、夕飯を食べて9~10時ごろに帰宅しました。

姫路城について

言わずと知れた日本の国宝で世界遺産の姫路城です。姫路城の入場料は、1000円です。

行って良かったお城ランキング2019の堂々の第一位です。きっと2019に限らず、ずっとだと思います。

姫路城は、兵庫県の姫路市にあります。別名、白鷺城と言われています。戦国大名の池田輝政が、江戸時代初期に大きな改修をして今の原型ができたそうです。

あっきーのうわべの知識では、これが限界ですので公式サイトで詳しい情報を知りたい方は確認してくださいね。

あっきーの感想は、姫路城は、行って良かったお城ナンバー1です。

旅行先に城があると、小さい物も大きい物もだいたい見に行っていますが、今まで見た城の中では、ダントツで1位です。

それぞれ良さはありますが、規模とか歴史とか周りの賑やかさとか人の多さとか総合的にです。

本気で周辺観光すれば1日過ごせるんじゃないかと思うぐらい楽しいです。

外国人もたくさん来ていました。いろんな国の人がいる雰囲気も観光地としての魅力アップに繋がっている気がしました。

城については、単純にお城の外観がすごくきれいでかっこいいです。壁の白色が、すごくきれいです。

お城の造りや歴史なども解説してくれてるので、歴史が詳しくなくても楽しめます。

姫路城内もすごく広いので、お散歩好きにはぴったりです。

いっぱい歩くこと前提で行ってくださいね。女性の方は、ヒールとかで行ったらきっと大変です。

お城好きじゃない方も一度は行ってみることをおすすめします。

姫路城周辺情報

姫路城周辺には、駐車場がたくさんありました。相場は、3時間300円、6時間で600円ほどです。だいたい500円~1000円見ておけばいいと思います。

姫路城の敷地内やその周辺には、歴史博物館、美術館、動物園があります。もちろんお土産物屋さんもあるし、近くに商店街もあります。ちなみに動物園は、200円という格安です。今回は、時間の関係で姫路城しか見てませんが、周辺の観光施設をじっくりまわれば1日しっかりと過ごせると思います。むしろ1日じゃ足りないかもです。

食事を食べたお店について

ご飯を食べた場所も紹介しておきます。姫路城から徒歩で5分から10分ぐらい距離にある商店街に東来春(姫路市西二階町111)という中華料理屋さんがあります。

ここは、シュウマイが有名なお店のようです。昼時に入ったのでお店は、満員でした。サラリーマン・地元の人に愛されるお店って感じがしました。味は…人それぞれ好みがありますね。和食っぽさのある中華料理でした。店員さんも中華系の人は見当たらず、THE日本人と言う人が多かったです。

姫路城観光で、ご飯に困ることはまずありません。ここ以外にもご飯を食べるお店がたくさんありますよ。ぜひ、姫路のおいしい味に出会ってください。

宿泊場所について

あっきーは、日本国内の旅行なら、現地でネット経由で宿をとることも多いです。

実は、もともと姫路に泊まる予定でしたが、宿が取れず断念しました。

今回も現地でネット経由で宿を探しましたが、どこも満員で姫路では宿が取れませんでした。

今、姫路駅・姫路城周辺の宿を現地で当日とるのは、すごく難しいと思います。

特に安い宿はかなり前に予約しないと厳しいと思います。

平日でも外国人の団体さんがたくさんいたので、その影響もあるかと思います。

世界遺産になると、当たり前ですが国内外の人気が高くなりますね。

もちろん値段を気にしないならとれますので、お金にゆとりのある方はご安心ください。

最終的に宿は、姫路から離れた東横インになりました。東横インは、相変わらずの安定感です。

おまけ(現地予約でよく使うサイト)

ちなみに国内旅行で、よく使うサイトは楽天トラベルです。最近だとテレビCMでよく見るホテル料金比較のトリバゴ も有名ですね。一人旅なら、ゲストハウスの多いブッキングドットコムをよく使います。海外だとエクスペディアもよく使いますね。

比叡山延暦寺について

世界遺産比叡山延暦寺です。場所としては、滋賀県大津市になります。比叡山自体は、滋賀県と京都府にまたがっています。

天台宗の総本山です。天台宗は、法華経を中心とする仏教だそうです。有名な最澄さんが開きました。

やはり詳しくは公式サイトで確認してもらうのが一番ですね。

当時とった写真が見つけれなくて載せれないので、写真は公式サイトのギャラリーでご覧ください。

最澄さんも十分に有名なお坊さんですが、日本にはもう一人有名なお坊さんがいますよね。そう、弘法大師 空海です。空海が開いたお寺は高野山金剛峯寺になります。

比叡山=最澄、高野山=空海です。よくごっちゃになります。

お寺好きと言いながら正直、どっちがどっちかよく分からなくなります(^_^;)

比叡山は、すごく神聖な雰囲気のある場所です。空気が静かで落ち着いています。

不思議ですよね…神聖さの源は何なのか? 

自然なのか、歴史なのか、祈りなのか、すべてがあわさってなのか…

歴史的な建造物など見所もたくさんあって、寺社仏閣・パワースポット好きのみなさんには、ぴったりの場所です。

そうえいば、ちょうど行ったときは根本中堂を修理していたので外観等が見れないところがありました。きっともう修理が終わってるんじゃないかと思います。

修復の終わった根本中堂も楽しみですね。

過ごし方によりますが、あっきーなら間違いなく半日は過ごせます。じっくり見ればもっと時間がかかるかもしれません。

本当に素晴らしい時間を過ごせると思います。

比叡山延暦寺 周辺情報

比叡山に入るには、比叡山ドライブウェイという道を通る必要があります。この道は有料で往復で1600円ほどかかります。

延暦寺の入場料は、700円です。宝物殿は、別途500円ほど費用がかかります。

夕方に行くと、比叡山ドライブウェイの途中で、夕日がきれいな場所があります。
夕日を見ることができて、ラッキーでした。
夕日も良いのですが、16:30には、各御堂が閉まるので早めに行くことをおすすめします。(営業時間は季節によって違う可能性があるので公式サイトで確認してください。)

比叡山に行く最も良い時期はやはり紅葉の時期です。11月上旬から下旬が例年見ごろのようです。ぼくが行った時期は、まだ一月ほど早かったので、これから行かれる方は、ぜひ紅葉の時期に行くのが良いと思います。

最後に

今回、姫路城と比叡山延暦寺の世界遺産観光に行った際のゆるーい旅行記を記事にしてみました。

かなり前のことで記憶もあいまいですが、できるだけ思い出して書いてみました。

旅をすると、知らない景色に出会えたり、知らない人にあったりいろいろと刺激がもらえます。

なぜか分からないですが、旅から帰ってくると物事の流れに変化が起きる時もあります。

旅って不思議ですね。

返ってきた直後は、疲れたなとかしばらくいいやとか思うこともありますが、気が付くとまた行きたくなるんですよね。

今回は、時間の関係で行けませんですが、途中に神戸、大阪、京都と観光地がたくさんあります。2つの世界遺産に加えて、有名な観光地をもう1か所ぐらい見れたらより良かったかなと思います。

今度、姫路城に行く時があれば、姫路城から足を2時間ほど延ばして、鳥取砂丘にいけたらいいなと思った記憶もあります。

姫路城、比叡山延暦寺で1泊2日、もしくは姫路城、比叡山延暦寺プラス1か所で2泊3日の旅は、おすすめですので、もし行く場所に迷っている方がいたら、ぜひご参考にしてください(^^)/

今回もお読みいただきありがとうございました。

あっきーのヨガやブログ(ライティング)に興味ある方は、お気軽にお問い合わせ下さい!

クラス情報(2019年10月時点)

ミトラヨガスタジオ(愛知県春日井市)土曜日18:30~リフレッシュヨガ

湘南シャイズヨガスタジオ(名古屋市中区上前津)

日曜日8:00~リラックスヨガ(朝ヨガ)

日曜日16:00~ヴィンヤサビギナー(はじめてのアクロヨガ)

●岩倉市生涯学習センター 2019年度後期市民講座「心と身体を元気にするヨガ」

ABOUT ME
あっきー
ヨガインストラクターのあっきーです。ヨガが大好きな男性ヨガインストラクターです。ヨガの話題を中心にヨガの魅力や効果、心の扱い方、お金との向き合い方、旅や健康など興味のある情報もお伝えしたいと思っています。ヨガインストラクターとしての生活が中心ですが、金融機関社員(資産運用担当)、個人投資家、WEBライターという面もあります。よろしくお願いします。